カテゴリーアーカイブ カメラの種類によっても買取金額が変わる?

著者:manchesternhfarmersmarket

カメラの種類別の買取相場を知ろう

売りたいカメラがあるのであれば、種類別の大まかな買取相場を知っておくのがいいでしょう。まったく相場が分からずに売ってしまうと、場合によっては相場以下の値で買いたたかれるということも十分にあり得るわけです。相場を知っていれば、相場以下の値であっても他の買取店に持って行くということができます。ここではカメラの種類別の買取相場について紹介していきます。

デジタル一眼レフの買取相場

中古カメラの買取において一番数が多いのがデジタル一眼レフに該当します。よっぽど人気の高いモデルや限定品モデルでない限り、新しいものが出てから3年から4年ほどすると価値がガクッと下がってきます。

例えば、大手メーカーの定価10万円のモデルであれば、購入してから1年未満なら4万円ぐらいですが、5年を超えてしまうと5千円ほどになります。一気に価値が下がってきますので、売りたいなら早めに売ったほうがいいです。

ミラーレス一眼レフやコンパクトデジタルカメラの買取相場

ミラーレス一眼レフやコンパクトデジタルカメラに関して言えば、デジタル一眼レフ異常に価値の下落が大きくします。多くのカメラメーカーはデジタル一眼レフ以上に力を入れていますので、性能面の進化が早いですので、時が経つにつれて価値が下落していきます。よっぽどのものを除いてどちらの種類にしても発売から3年ぐらい経つと買取率は10%程度になります。

どちらにしても早めに売ったほうがいい

カメラの買取相場という面においては、デジタル一眼レフは5年、ミラーレス一眼レフやコンパクトデジタルカメラは3年ぐらい経つと買取率は10%ほどになりますので、早めに売ったほうが買取率という意味ではお得になります。