カメラ本体やレンズをきれいにしてから買取に出そう

著者:manchesternhfarmersmarket

カメラ本体やレンズをきれいにしてから買取に出そう

カメラを高額査定してもらうために必要なことと言えば、カメラをきれいにすることではないでしょうか。買取店のスタッフにカメラを見せる時にとてもきれいだなという印象を残すことによって、高額買取が実現していきます。そういう現状があるのであれば、どのようにカメラ本体やレンズをきれいにしていけばいいのか知りたいのではないでしょうか。

レンズ部や液晶画面は柔らかい布で優しく拭く

カメラのレンズ部や液晶画面についてはとてもデリケートな素材で作られていますので、きれいにするときには特に注意を払ってください。カメラ用のクリーニングクロスやメガネ拭きの布など柔らかい布で優しく拭き取るようにしましょう。そうしないと、かえって傷がつくということにもなりかねませんので、力を入れて拭き取るのは止めてください。そういう布を持っていない場合はもう手を付けないほうがまだましです。

柔らかいブラシでごみやほこりを落とす

せっかくカメラを売るのであれば、きれいにゴミなどを落としてから査定に出すようにしたほうがいいです。ファインダーやファラッシュ周辺は特にゴミが貯まりやすいところでもありますので、柔らかいブラシでごみやほこりを落としてください。気になるなあというところはしっかりと掃除をしてあげてください。こういう手間を少しでもかけることによって必要以上に査定額が下がるということは少なくなるのではないでしょうか。

少しの時間でカメラを掃除してあげるといい

カメラ本体やレンズについてはきれいに磨き上げてから査定に出すようにするといいでしょう。汚れやほこりがついてカメラでは正直言って査定額が下がる可能性がありますので、そういうリスクを下げるためにもきれいにします。

関連する記事

著者について

manchesternhfarmersmarket administrator